営業時間・定休日
営業時間

9:00 - 18:00

 
定休日

毎週火曜日+第1・3水曜日※2018年7月より

 
電話番号

089-970-1020

 
FAX

089-975-6419

 
住所

〒791-1101

松山市久米窪田町846-4

リクルート

スタッフブログ

   
2018/02/03  ショールームダイアリー  経理 末光 千枝子
ダヴィデ像の周りを一周する
末光 千枝子 / スエミツ チエコ
[経理]
 

皆様こんにちは

末光です。

 


鎌土が昨年イタリアに行ってきたのですが

お土産にこのノートをもらいました。

こちらは

レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロと並んでルネサンスの三大巨匠のひとり、

ミケランジェロ・ブォナロッティの作品

『ダヴィデ像』

 

です。

 

 

『ダヴィデ像』は現在フィレンツェのアカデミア美術館に所蔵されています。

今回旅程に組まれていると知った私は鎌土にお願いして

写真を撮ってきてもらいました。

 

ダヴィデ像といえば

この正面から写した写真のイメージが強いですが・・・

 

 

ぐるっと一周してみましょう。


・・・眼福。

 



かつてのミケランジェロの言葉。

『二次元で表現する絵画よりも、三次元で表現する彫刻の方が上である。』

 

この作品が作られた時代は絵画と彫刻の比較論なるものがあり

(ルネサンス期に限らないかもしれませんが)


どちらが優れているか劣っているか、

芸術家が様々に唱えていたようです。

 


この言葉の真意はわかりませんが、

鑑賞する私にとっては、

360度ぐるっと回って楽しめるのが三次元の彫刻の旨味かな

と思っています。

 

鎌土が撮ってくれた写真をみて驚いたのは、

その大きさです。

台座も含めダヴィデの頭まで5メートル以上あるそうです。


フィレンツェ市民が敵を倒し共和制を勝ち取った

時代のシンボルとして

市民に親しまれたこの作品は

旧約聖書に出てくる羊飼いの青年ダヴィデが

敵のゴリアテという巨人に立ち向かう場面を表現しています。

後姿の写真に写った左肩から右手にかけられている布のようなものが

ゴリアテを倒した武器である投石器です。


ゴリアテといえば、ムスカ大佐一行がラピュタへ向かう際乗っていた

戦艦の名前と一緒ですね!

 


おっと話が脱線しました。

 

ともかくも、


すばらしい芸術作品はどこから見ても美しい。


魅力的なクルマと一緒ですね。

魅せられるというか眼が喜んでいるのが分かるというか。

 

そんな一台に出会えると嬉しいですよね。

 


ということで、

弊社ショールームにお気軽にお越しください。

 




落としどころがかなり強引ですみません。


ではまた!

 

 
2018年02月(13件)
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
ページ上部に戻る